学び

一生お金に困らない!稼ぐには!おすすめの本教えます。本当の自由を手に入れる お金の大学

今回は、YouTubeや書籍で有名な両学長が、書かれた【本当の自由を手に入れる お金の大学】という本を解説してききます。

この本は、こんな方におすすめです。
・お金の悩みがある
・将来への不安がある
・不労所得で生きていきたい

 

書籍の人物像
『日本は、なぜ大事なお金の勉強を学校で教えないのだろう?お金の知識が、ある人と無い人との格差は広がる一方じゃないか!』
と、両学長は自分1人が自由を手に入れるのじゃなく皆んなにも、お金の知識を得て自由を手に入れて欲しいと想い、その為には僕が大事なお金の教養を発信しようと、節約、税金、投資、副業などの知識をyoutubeなどで発信されている方です。

では、お金に関する大事な知識を学ぶことができる本書の解説をしていきます。

・長寿化の流れを受けて、経済的自由を目指す人が世界的に増えている。
・経済的自由とは、生活費よりも資産所得が大きい状態のこと。
・経済的自由を得るためには、お金に関する5つの力を伸ばす必要がある。

目次
1経済的自由とは
2お金に関する5つの力
3不動産投資より株?!

 

1経済的自由とは

経済的自由とは、生活費よりも資産所得が大きい状態のことを言います。
この資産所得とはなにかと言うと、株や不動産のような資産から得られる所得のことです。
つまり自分が働かなくても入ってくる所得不労所得のことです。

そもそも所得には2種類あります。それは労働所得資産所得の二種類です。

労働所得とは働くことで得る所得
例えば
サラリーマンだと給与所得(給料)、自営業や経営者だと事業所得となります。

 

それに対して、資産所得は資産が生み出してくれる所得
例えば
株の利子配当、不動産の家賃収入などがこれにあたります。

このように所得には、労働所得、資産所得の2種類があるということを踏まえて生活費よりも資産所得が大きい状態、このような状態が経済的自由と言うわけです。

例えば
月20万円の生活費がかかる人は、月に20万円以上の資産所得がある場合が、経済的自由を達成している人と言うわけです。

ちなみに、月20万円の資産所得を得るにはどのくらいの資産が必要なのかと言うと

株で例えると、6000万円分くらい持っている必要があります。笑
6000万円くらいの資産があれば利子配当で月々20万円位を得ることができます。

はぁ?!6000万なんて無理だよ〜 って、思いましたか? ただ、一旦6000万作ることさえできれば その後はずっと、その資産がお金を稼ぎ続けてくれます。あなたではなく、お金に働かせる感じです。

余談(飛ばしてもOKです)
株式投資の正解というのは、ある程度決まっています。
それは世界市場に投資することであり、具体的には『eMAXIS全世界株式インデックス』とかを買うことです。
こういうところに投資した場合、平均的な利回りは年間5%。 つまり資産が、毎年5%ずつ増えていきます。
なぜ、世界市場に投資することが株式投資の正解なのかと言うと、これは資本主義が人類の欲望と探究心をエネルギーとして拡大し続ける仕組みがあるので、世界市場は成長し続けるはずだから、というのが理由のようです。
ただ、少し難しい話なのでボンヤリ覚えておく位で大丈夫です。こういうのは、世界中の経済学者とかが研究して、それを論文とか書籍とかで出していますので、そこから学んで理解して納得できるものだけ、実践すればいいと思いますよ。
覚えて欲しい重要な事は、『適切に投資すれば資産は毎年5%とくらいずつ増える』
ということです。これは逆に言えば5%ずつしか普通 増えないということです。
なので、年利10%とかを謳う商品は、大体は詐欺だと思い疑って下さい。

毎年5%ずつなら増やせますが、それを受け取る際には、税金の問題も絡んでくるので
実際の手取りは4%くらいになります。

投資の世界では、4%ルールと呼ばれるものがあります。
これは資産の4%ずつを利子配当として受け取れるというものです。
つまり資産が1000万円あれば、その4%である40万円を毎年資産所得として得られる。
(資産が3000万円なら年間120万円の資産所得
資産が6000万円なら年間に240万円の資産所得)

 

そして、この資産所得が自分の生活費を上回った状態 それが経済的自由な状態です。
自分が働かなくても必要な金額は入ってくるので、自由度が高く生きることができる
と、いう価値観です。

近年では、このような経済的自由を目指す人が世界的に増えています。
これはなぜかと言うと、世界的に長寿化が進んでいるからです。

世界的に長寿化が進み、資産所得の重要度が上がっています。
なぜかと言うと、資産は一度作れば ずっとお金を生み出してくれるわけです。ということは、長生きする場合その価値は大きいですよね。

ロンドンビジネススクールの教授であるリンダグラットンとアンドリュースコットは
ライフシフトという本で、このように言っています。
2007年生まれの2人に1人は、103歳まで生きる。
1998年生まれの人は、所得の25%を40年間貯金し続けて、ようやく65歳で引退出来る。

つまり人が長生きできるようになった事で、働かなければいけない期間が、長くなったのです。このような状況の中で、これを解決する手段が資産所得を得ることです。
そして理想的には、生活費よりも多い資産所得を得ることです。
そのような経済的自由を目指す生き方が世界的で流行ってきています。

ちなみにこのような動きを世界的には、ファイヤーと呼ばれています。
これはfinancialindependenceretireearly
の頭文字を取ったもので日本語訳すると経済的独立と早期退職の意味になります。

以上が経済的自由についてです。

 

2お金に関する5つの力

経済的自由を達成するには、5つの力を伸ばすことが必要

・貯める力
・稼ぐ力
・増やす力
・守る力
・使う力

1つずつ順番に掘り下げていきますね。

お金を貯める力については、固定費を見直すことが重要

固定費を見直すのは、1回やれば済む話なので最初に取り組んで下さい。
具体的には、通信費、光熱費、保険、家、車、税金。これらのような固定費の見直しがとても有効です。

それぞれの要点
通信費については、格安simにする。
光熱費については、安い電力会社にする。
保険については、個人の性格や子供がいるかどうかにもよるので難しいのですが、基本的には民間の保険は必要ありません。国の社会保険で十分です。

については、基本的には賃貸の方がお得です。家を買うのであれば そのお金を株とかにした方が金銭的には得です。
ただし、夢のマイホームとも言うように幸せの象徴だったりして金銭面の話だけでは
語れるものではありませんよね。
については、車は持たない。買うなら中古。
税金については、なるべく節税する。サラリーマンであっても副業をすることで節税の幅が広がります。

いずれにしても、まずは勉強することが第一歩になります。
まずは、学んで知識を得ることが大事!
勉強する内容が多いですけど時間や労力をかけて勉強するだけの価値があります。

両学長のチャンネルを見るとか本書を買って勉強してみて下さい。

以上が貯める力についてです。

稼ぐ力について

ここは転職して収入を上げるとか、副業して収入を上げるという手段があります。
いずれにせよ稼ぐ力を上げるためには給与所得よりも事業所得の方が有利です。
なぜかと言うと事業所得は青天井だから。うまくいけば収入はどこまでも大きくなります。
なので、早く経済的自由を達成したいなら事業を行うべきです。
サラリーマンをしながら副業をするでも良いです。
あと事業を行うと経費が使えるようになって税制上も有利になりやすいです。
だから、支出も小さくしやすいです。

事業をやれば、稼ぐ力と守る力が両方上がるので一石二鳥です。

増やす力について

増やす力とは、お金を投資して増やす力です。
具体的には、株や不動産に関する知識があること。そして、それを実践することです。繰り返しになりますが、資産所得は毎年のリターンが大体5%である。これは忘れないで下さいね。リターンが、それよりも大きいものとかは投資というよりもギャンブル要素が増えるものになってきます。

例えば
仮想通貨とかFXとか基本は株や不動産のような伝統的資産と呼ばれるものに投資すべきです。金融投資は株一択と、おっしゃる方もいます。
この話については後で、もう少し掘り下げて話しますね。

お金を守る力

これは蓄えた資産を守る力です。
正直ここは資産が増えてからの話なので後回しでも大丈夫かなと思います。
例えば
資産を失う可能性として、詐欺、被災、盗難、浪費、インフレなどがあります。
これらに備えるために勉強して知識をつけること。これが守る力を強めます。

とはいえ、まずは資産を作ることからになるので その後の話にはなりますね。
ファイヤーを早く達成しようと思うなら稼ぐ力が最重要です。
いかに稼ぐ力を上げるか、自分の時給を上げていくか ここが鍵を握ります。

具体的な方法としては
サラリーマンであれば昇進、転職、副業。
自営業や経営者であれば事業を伸ばす。

お金を使う力

これはお金を上手に使うことです。
主に3つ 自己投資、時間を買う、幸福度を上げる。

自己投資については、勉強、書籍、教材、スクール、経験の事です。
金融投資が、年利5%なのに対し自己投資はうまくやれれば年利100%も1000%も可能性があります。
自己投資と金融投資の両方をバランスよくやるのが良いかもしれませんね。

時間を買うについては、時間を買うことで
自由な時間とか働く時間、勉強する時間を増やすことができます。

例えば
ロボット掃除機や乾燥機付き洗濯機などを買うことがこれにあたります。
ただしここについては、自分の時給との兼ね合いが発生します。まだ時給が高くない人が
時短のためにタクシーを使ったりしていては破綻します。
つまり自分の時給を鑑みて判断する必要があります。

幸福度が上がる使い方について
趣味、旅行、大事な人へのプレゼントのように自分が納得できることにお金を使うことで、幸福度が上がるような使い方をするのは大事です。

 

 

以上が、お金に関する5つの力です。貯める力、稼ぐ力、増やす力、守る力、使う力。これらの力を上げていく事で、経済的自由に近づくことができます。

 

3不動産投資より株?!

金融投資をするなら株の方が良いと思います。
理由は、株の仕組みにあります。

ざっくり一言で言うと、株を買うというのは企業にお金を貸してあげること。
株を買うという形はとっているけれど実際は、企業にお金を貸してあげているに過ぎません。お金を貸すということは、利子を乗っけて返してもらえるということです。
もちろんその企業が、うまく事業を伸ばせればの話ですが。

しかし、この企業が事業を伸ばせないというリスクは回避できます。
その回避方法は、分散投資です。ここについては深掘りしませんが、最初の方に話した世界市場に投資する事というのは、分散投資のことになります。

これが、株のシンプルな仕組みで、不動産投資とは根本的に仕組みが違います。
ちなみに、不動産にもメリットはあります。それはレバレッジを使えるという特徴です。
レバレッジを使えるというのは簡単に言えばローンを組んで不動産投資できるということです。

例えば
ざっくりとした例でいうと、1000万円の頭金があれば1億円の物件が買えるかもしれないという事です。そんな感じで、レバレッジを使えるというのが不動産投資の有利な特徴ではあります。

 

まとめ

1経済的自由とは
これは生活費よりも資産所得が大きい状態のこと。
2お金に関する5つの力
これは貯める力、稼ぐ力、増やす力、守る力、使う力。
3不動産投資より株?!
金融投資するなら株一択が良い

今回紹介した【本当の自由を手に入れるお金の大学】について、まだまだ紹介できていない部分が多いです。

お勧めの本ですので、ぜひ読んでみてください。リンクは下に貼っておきます。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!