情報

幸せとは香水のようなもの 哲学者エマーソンの言葉

幸せとは香水のようなもの

アメリカの とある病院での話しです。
余命宣告をされた重症患者7人が、入院している病室がありました。

病室の奥には、小さな窓が1つあり
窓から外が見えるのは1番奥のベットのジミーだけでした。

ジミーは毎日外の様子を他の6人に語って聞かせていました。

『美しい湖があり、水面にはアヒルや白鳥がいて、子どもたちがボートを楽しそう漕いでいるぞ。』『若い恋人たちが腕を組んで花畑の中を幸せそうに歩いているぞ。』

そんなジミーの話を聞きながら 皆んなは、目を閉じて何が起きているのか思い描いていました。

死を待つばかりの患者たちにとって、ジミーの語る外の様子が唯一の楽しみだったのです。

しかし、1人だけジミーの事をよく思っていないトムという男がいました。
『ジミーの野郎。窓際のベットを独占しやがって。俺は最後まで不幸だ!』と、不機嫌になっていたのです。

それから数週間後

ある朝ジミーは眠ったまま安らかに、この世を去りました。

これを待っていたかの様に、トムは看護師に
「俺を窓際に移せ!」と、ベッドの移動を要求したのです。

念願の窓際に移され、窓の外に目をやった瞬間トムは愕然としました。

窓からは、隣の建物の壁しか見えなかったのです。

一瞬にしてトムは理解しました。
『ジミーの奴。俺たちを元気づけようとして・・・』

その日からトムはジミーに負けないくらい
想像力を働かせて外の様子をみんなに語たり続け その日からトムは幸せになったのです。

ではなぜ、幸せは香水なのか?

「幸せは香水のようなものだ。
他人にふりかけると、自分にも必ずかかる。」

これは哲学者エマーソンの言葉です。
私たちは、他人に親切にしたり、周りの人を喜ばせようとするとき、自分も幸せになると説いています。

世の中では、コロナ禍により いっそう差別、誹謗中傷、虐め、虐待、自殺…。
胸が引きさかれるような事が起きています。

そんな中この話が目に止まったので、まとめてみました。1人でも多くの人が笑顔になれますように。皆んなが助け合い精神をとりもどしますように。

お金の稼ぎ方より 楽しみ方学んだ方が幸せなのかもしれないよ。

 

 

良かったら こちらも覗いて下さい

こちらは、YouTubeに飛びます。スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉を翻訳して動画にしたものです。
スティーブ・ジョブズ最後の言葉

最後まで、お読み頂き有り難うございました。
まだまだ、読みにくい記事だと思いますが、勉強して修正して参りますので 暖かく見守って頂けると嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ!
学び

スタンフォード式最高の睡眠 快適な睡眠を得るための方法 アメリカのアスリートや軍隊でも高い評価

2021年4月8日
にわとりのブログ
今回 ご紹介する本は、【スタンフォード式最高の睡眠】です。 睡眠の悩みが尽きないビジネスパーソンに向けて、快適な睡眠を得るための方法を …