情報

稼ぎたいなら知っておくべきこと。仮想通貨?稼げるコンテンツ?

ダラダラ書くのも読むのも苦手なので、早速ザーーッと得た情報を解説していきますね。

ここでは、毎年プチバブルは大量に発生して、これから何が流行るのか、どこにチャンスがあるのか、考えて行動すると お金を稼げるチャンスは身近なところに 結構転がっているので、これから来そうなプチバブルをあくまで個人的な予想として参考程度にどうぞって感じの記事を求めています。

説明長ツ(ーー;)

2017年の仮想通貨バブルのような100年に1度の大きなことは起きませんがビジネスに特化していれば数千万規模であれば軽く稼げる プチバブルは毎年発生している

2017  仮想通貨
2018   個人ブログ
2019  ビジネス系YouTuber 躍進
2020   前半 フィットネス系YouTuber
 後半 zoom(コロナショックにより一度暴落した株式相場ですが
テスラ株やzoom株は上昇した)

3つのポイント

 

年配向けコンテンツ YouTube、インスタ
個人にたいする課金 専門家になること 波に乗りやすくなる
仮想通貨 2017年で終わったんじゃないの?

 

年配向けコンテンツ】 YouTube、インスタ

理由は2つ
①今まで40代 50代以上はFacebookの利用が多かったが コロナの影響で変化が起き年配のSNSの利用が増えた。

②有名人の参入が増加してきた
有名人などの参入が、ニュースやテレビで取り上げてられることで年配層がYouTubeに興味をもちだす。
参入有名人の長年のファン。テレビに不満のある人などの要因が大きな波を引き起こす。

YouTubeやインスタのアリゴリズムは、とても優秀です。
YouTubeの利用者は、視聴コンテンツの80%をYouTubeのおすすめ機能から視聴していると言うデータがあるそうです。
アルゴリズムが視聴に合わせた動画をおすすめにあげるパターンと過去の視聴履歴からあげます。

ゴルフ 政治 食べ歩き 釣り 演歌など若者が見そうにないのに再生数が高いので普通のジャンルを今から始めるより
有名人を介してYouTubeを見始めた人達がたどり着く可能性が高い、こういった年配向けコンテンツで関連おすすめで表示されることを狙う方が勝てると思います。

あと狙いめは、在宅する人が増えたのでフィットネス系YouTuberが外部要因のコロナの影響で伸びます。
それと専門ジャンル内の1人の伸びだと、堀江さん 中田さん(芸人)のようなパワーのある有名人に一気に引き上げられ自分の数字が伸びる可能性はある

個人にたいする課金】 専門家になること 波に乗りやすくなる

2つ門間がある
①過処分時間と過処分所得の奪い合い

②サティスナブルなビジネスかどうか

1は、既に起きてる
バラエティ系YouTuberは 芸能人の参入によって自分のYouTubeを視聴してくれる時間を奪われた
いかにして消費者の時間を奪うかを考える

2は、個人課金
まこなり社長、学さん イケハヤさんがやってる有料サービス(3000円ほどのサブスク)。
無料YouTubeは視聴者の過処分所得が奪いあいになる。
どの発信者のコンテンツに価値があるか、どの有料コンテンツが課金にあたいするか。
これからはサロン運営も巻き込まれていくでしょう。

今までは、YouTubeのアルゴリズムを活かし関連されることに重きを置いていた人達が、これからは過処分時間 所得を奪い合う時代に入ります。
持続性があるビジネスかどうか、個人でクローズドなコミュニティをつくっても発信をし続けることは ある程度限界がきます。

中上級者向けのクローズドな場所でしか話せない有益なコンテンツみたいなことを発言者はみんな言いますが ぶっちゃけ情報社会の中で クローズドなコミュニティでしか得られない情報なんてほとんどない(^◇^;)

・発言者のビジネスの関する思考法
・直接コンサルたを受けれたり
・コミュニティの中で新しく出会う人
・その出会いによって新しく生まれるビジネス

こういったことに価値がある。なので課金をすることによって有益なコンテンツを得られないと厳しいですね。

個人課金を引き出すビジネスは、いかに持続性があるかということまで考えて設計できればバブルによる利益を享受できます。
もちろん まこなり社長たちみたいな人は中々あらわれませんが例え1/10の規模でやったとしても
年間で3000万円近くの売り上げを出すことができるので、この個人課金の波というのは専門知識と実績を引っ提げて参入するには値するビジネスじゃないかと思います。

 

仮想通貨】  2017年で、終わったんじゃないの?という風に思う方は情報感度をあげましょう。

ビットコインは 円建てで120万円を超えておりコロナショックによって45万円くらいまで一度下がりましたが、そこから2.5倍になってます。さらに今後ディファイというとんでもない大波が来ると言われています。
仮想通貨は2017年のバブルから3年かけて更に環境が整いつつあります。

例えば仮想通貨におけるブロックチェーン技術を用いて賃貸住宅の契約や物件の内覧をかんそかするサービスを積水ハウスが開発を発表するなど このサービスに関しては仮想通貨の価格とは別物にはなるんですが、仮想通貨に使われてる技術については身近なものになりつつあります。
もしもまだ仮想通貨について怪しいものという風に思っている方は、このタイミングで仮想通貨について勉強を始めておきましょう。
仮想通貨について煽ってるわけでも価格を上げるためにインフルエンスしてる訳じゃないです。
最近では金融緩和の影響でインフレの懸念がされており ヘッジファンド界の大物であるポール・チューダ・ジョーンズも資産の2%をビットコインに変えたと発言もしており 金と同様にヘッジとして保有する人も今後増えていくと思います。
(ヘッジとはいわゆる 経済変動による損失に備えて別の資産で補填の準備をするということ)

DEFI について 調べることをおすすめ
投資やトレードするのではなく仮想通貨の領域について勉強することからはじめ見るのがいいと思います。
色々な数字やデータをもとにして予想したりと物事を連想ゲーム的に考えることが、お金を稼ぐ際に重要になるということ。

プチバブルを捉えるために大切なことは、次に一体何が来るかということを考えること、そしてそこに投資をしにいくこと
こういったことを日々意識しておくことが大切です。

 

以上今回 私が得た情報を記事にしてみました。ただ、ゲームやVRや音声配信も頭に入れておいて下さい。

 

長々とお付き合い頂きありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!
学び

スタンフォード式最高の睡眠 快適な睡眠を得るための方法 アメリカのアスリートや軍隊でも高い評価

2021年4月8日
にわとりのブログ
今回 ご紹介する本は、【スタンフォード式最高の睡眠】です。 睡眠の悩みが尽きないビジネスパーソンに向けて、快適な睡眠を得るための方法を …