情報

iPhoneの緑やオレンジのマークは何!? 盗撮や盗聴されている!?

iPhoneの緑やオレンジのマークは何!? 盗撮や盗聴されているの!? 意味を正しく認識し、対策しましょう。

この記事では、iPhoneの緑やオレンジのマークの意味と盗撮や盗聴されていないかの確認と、されない為の設定方法を写真と共にまとめています。
なので、誰でも簡単に理解し対策が取れます。
では、早速説明していきますのでiPhoneを準備して読み進めていきましょう。

 

 

 

 

1 iPhoneの緑やオレンジのマークは何!?

iPhoneの画面の右上の部分には、緑やオレンジ色の🟢🟠が表示されることが有りますが見た事ありますか?
これが表示されている場合は、iPhoneのカメラ機能やマイク機能がオンになっている状態を現します。

緑色表示→カメラ機能がオン
オレンジ色表示→マイク機能がオン

このようにiPhoneのカメラとマイクが起動している時は、緑色やオレンジ色の丸がそれぞれ表示されます。

試しにiPhoneのカメラアプリを起動して、写真が撮影できる状態にしてみて下さい。
すると右上の部分に緑色のマークが表示されると思います。
つまり🟢🟠が画面に表示されていると iPhoneのカメラ、またはマイクの機能がオンになっていて、カメラでの撮影やマイクでの録音ができる状態ということなのです。

ただ、これが表示されている場合は絶対に盗撮や盗聴が iPhoneを使ってされているというわけではありませんが、表示されている時は確認して欲しい事があります。

 

 

2 iPhoneに緑やオレンジのマークが表示されたら

 

🟢か🟠のマークが表示されているときにiPhoneのコントロールセンターを表示してください。

コントロールセンターとは、iPhoneの右上の部分をタップして下にスライドさせると表示される画面のことです。
(機種により下から上にスライドパターンもあり)

このように緑色やオレンジ色のマークが表示されているときに、コントロールセンターを開くことで、どのアプリでカメラ・マイクがオンになっているかが簡単に確認できます。

このようにオレンジや緑のマークの横に、マイクやカメラを使用しているシステムが表示されます。この写真の場合だとボイスメモが使用中って意味です。

 

 

3 iPhoneで盗撮や盗聴が疑われるパターン

 

基本的にカメラアプリやボイスメモアプリなどでカメラやマイク機能を使用中、iPhoneの画面上に緑色やオレンジ色のマークを気にすることはないと思いますが(zoomなどです)それ以外で、ただの検索中や明らかにカメラやマイクを使わないアプリでiPhoneの画面にマークが表示されている場合は、盗撮や盗聴されている可能性があります。

特に危険なパターンが、常にiPhoneにマークが表示されている状態。

基本的にカメラやマイクは、何かアプリや何かの機能を使用している状態じゃないとオンになりません。常にマークが表示されているということは、iPhoneのカメラやマイクが常にオンになっているということです。
これはより盗撮や盗聴されている可能性が高いです。

常にiPhoneの画面に緑やオレンジ色のマークが表示される場合は、アプリをオフの状態にしているかを確認してみてください。
アプリによっては、アプリの電源を落とさないとカメラやマイクが作動している場合もあります。

また全てのアプリを切ってもiPhoneの画面にマークが表示される、消えないという場合は一度iPhoneの電源を切り再起動してみてください。
それでもマークが表示される場合は一度Appleサポートにお問い合わせをしてみて下さい。

 

 

自ら気をつけるべき事

 

iPhoneで盗撮や盗聴をされないためにiPhoneではこのように盗撮や盗聴がされているかが気づけるように、緑色やオレンジ色のマークが表示される機能が追加されました。それでも、自らが気をつけないとセキュリティー対策は万全になりません。

次の事を 再度気をつけて安全にiPhoneを使っていきましょう。

・怪しいURLはタップしない!
・怪しいアプリをダウンロードしない!
・アプリは絶対にApp Storeからダウンロードする!
・身に覚えのないメールやSMSは無視か人に相談する!
・クリックしたり表示されてるアドレスや番号に連絡をとらない!
・必ず公式サイトから連絡を取りましょう!

(SafariアプリやGoogle Chromeアプリなどのブラウザアプリで開いた怪しいウェブサイトから、アプリをインストールできるサイトもありますが、そのようにデータをインストールすることは危険です)

 

Safariのカメラ、マイクをオフ設定にする

 

設定を開いて下さい。

 

設定項目の【Safari】をクリックして下さい。

 

Safariの項目から【カメラ】のところをクリックして下さい。

 

カメラの項目から【拒否】のところをクリックして下さい。

 

これで完了です。お疲れさまでした。

マイクの拒否設定はSafari項目まで戻って、【マイク】をクリックして、マイク項目の画面でマイクも同じ様に【拒否】をクリックすればOK。

 

位置情報に関しては、『拒否にするとスマホが探せなくなる』『いや大丈夫だよ。』とか『警察などの緊急時に困る』とか説が色々あるので事故判断で、拒否許可を決めてください。
カメラ、マイクに関しても『拒否じゃなくて 確認でいいんじゃない?』 『確認後だと遅いだろ。』 と、それぞれ意見があると思うので許可、拒否、確認は自分の納得する設定で。 ちなみに私はカメラ、マイクは確認から拒否に変えました。位置は許可にしてます。

 

みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

まとめ

 

今回はiPhoneの画面の右上に表示される緑色やオレンジ色のマークについて解説しました。
iPhoneにマークが表示されているのはカメラやマイク機能がオンになっている状態。
表示中は、iPhoneのコントロールセンターを開くとどのアプリでカメラやマイク機能が使われているかということが確認できる。
Safariでのカメラ、マイクのオフ設定の仕方。

便利なiPhoneですが、危険も付き物。ただ、防ぐ方法はあるので安心して使ってね。

 

こちらの記事もおすすめ!